「技術を極めると芸術につながる。自らの渾身の思いと技術を込めた“芸術”のような商品を世に送り出したい」。微細工房は、日本の一下請け金属加工メーカーである鞄曽精密の斎藤社長の、こんな熱い思いを形にするために設立されました。そして斎藤社長の思いに共鳴したインダストリアルデザイナー、ビジネスプロデューサー等、各分野のプロが集結、ネットワーク型で連携して新商品を創り出す、オリジナル“超絶モノ”ブランド「IRISO」とカジュアルブランド「FACTRON」を立ち上げました。
両ブランドとも、ジュエリー、アクセサリ、腕時計等を中心に、オリジナル商品企画力、デザイン力、自動車部品や人工衛星部品等の製造を通じて磨きぬいた入曽精密の3次元チタン微細切削加工技術力を結集、手工芸的職人芸にIT を融合することで、手工芸の限界を突破した“真の形(REAL EDGE)”を世に送り出していきます。ターゲット市場は世界であり、日本の製造業の技術を元にした世界ブランドの構築を目指していきます。またオリジナル商品の開発だけでなく、異業種とのコラボ商品の企画開発も積極的に行っていきます。

REAL EDGE